即金 寮あり 祝金あり

【所持金 0 家無し】今すぐお金と家を手に入れられる方法

所持金0 家無し・・・どうにかならないの?

所持金0家無しを表す画像

『所持金0 家なし』

そんな状況では『家が先か?、お金が先か?』

悩むもの。

二兎を追う者は一兎をも得ず

そんなことわざもありますし、なかなかどちらも優先できないのが現実。

こんな、苦渋の悩みをもつ方々も多いと思います。

これを解決できるのが、 リゾート地でバイトをする という選択
もしくは、寮完備の工場で働くという選択。


この『リゾート地である』もしくは「工場」という点が 今回のポイント。

リゾート地、工場でのバイトは

ポイント

・住み込みの仕事となる
・だから、家がある
・そして、住み込み、もしくは寮完備
 だから食事もある

以上のような利点があります。

ただデメリットとしては、リゾート地での仕事は、山や海といった場所、つまり市街地から離れた場所での仕事となることが多いです。
工場も都心。。。ということは確率的には少なくなります。

だから、ある意味田舎にこもりきりの生活となります。

ただ、このことが逆に、休みの日でも無駄にお金をつかうこともなくなり、お金を貯めるには良い環境となるので、今、現在、【所持金0 家なし】のあなたにはピッタリとなるのです。


「とにかく所持金0 家無し。今すぐ住み込みの求人をさがしたい。」

そんなときに私が見つけたのが、このリゾートバイトと寮完備の工場。

住む家が見つかりお金ももらえる。こんな条件の仕事はそうそうありません。

すぐ住み込みできるリゾート求人、工場求人はすぐに埋まります。
かつての私と同じ状況にいるなら、ぜひ会員登録だけでもしてみてください。
いい情報が入ってくるようになります。


>>そんな簡単に見つかるはずない、と思っていた私が簡単に見つけられたのがこちら・・・

私がリゾートバイトを簡単に見つけたのがこちら

\好条件を見つけたらとにかくすぐ申し込みはすませましょう/

【わたしは工場などで落ち着いて働きたい】
そんなかたは、こちら 

=> 100件以上の工場求人を掲載中!【仕事めぐみ.com】

所持金0 家なし:行動無しでは何も変わらない

「所持金0 家無し・・・どうにかしたい」 

そう悩んでいたのは

・ギリギリの生活で貯蓄もできない
・リストラで今月の家賃を支払うお金がない
・仕事を探すにしても面接の交通費すらない

と言うような最悪の状況の時でした。

「所持金0 家無し」そんな状況を避けなければいけないと、どうしたらいいか悩んでいた時に悟ったのは、

なにもしなければ状況がさらに悪くなっていく、ということ。

所持金0 家無し 状況はどんどんわるくなる・・・

所持金0家無しを表す画像

いつか「所持金0 家無し」なんて言う事からも解放されて浮上できるはずだ、 

と漠然と思っていたけど、状況って何も行動しなければ、やはり何も変わりません。

何か行動をかえないと、結果も変わらないものです。

行動しないと。。。

・気づいたら10年以上たってしまい新たな仕事につける年齢ではなくなってしまった
・家賃が払えなくなって追い出されて結果的に気づいたらホームレスになってしまった
・仕事もなく家もないので自暴自棄になってどうしようもなくなってしまった

などといった最悪の状況ばかりが頭の中に浮かんできます。

そんな時に私を救ってくれたのは「所持金0 家無し」という最悪の状況を全く逆にしてくれる、

「入社祝いをいただけてなおかつ住み込みで働くことができる」

という仕事でした。

所持金0 家無し ⇒入社祝い・住み込み・仕事あり♪

所持金0家無しを表す画像

「住み込みで働くことができる」と言う仕事はいくつかあったのですが、さらに私が選んで良かったのは入社祝い金としてお金をいただけた仕事場であったこと。

私はラッキーだったと思います。しかも、面接する場所が遠かったのですが、遠方にもかかわらず交通費に関しては会社負担で自分からの支払いは一切なしということでした。

そしてわたしにとってはあまり経験のない地域でなおかつ、未経験の仕事でしたが、逆にすべてが新鮮で私にはプラスに働きました。

私の働いてるところではノルマはなく自分のペースで海と山を見ながら仕事ができるという点も私にはピッタリ。今では資格取得の支援制度を利用してスキルアップにも励んでいます。


>>そんな簡単に見つかるはずない、と思っていた私が簡単に見つけられたのがこちら・・・

私がリゾートバイトを簡単に見つけたのがこちら

\好条件を見つけたらとにかくすぐ申し込みはすませましょう/

【わたしは工場などで落ち着いて働きたい】
そんなかたは、こちら 

=> 100件以上の工場求人を掲載中!【仕事めぐみ.com】

所持金0 家無し|寮完備・住み込みのデメリット

「寮完備・住み込みの仕事」というのはもちろんデメリットもあります。

例えば寮に住んでいると隣の人が会社の人なので気が休まらないと言えば休まりません。だけど寮で慣れてしまえば気軽に仕事の相談をしたり愚痴を言いあったりできるので、その点では逆にプラスになってきます。

また中には気が合わないような人も隣の部屋にいるとかそういう可能性もありますが、いまどき寮といっても基本的にはワンルームなので隣に気が合わない人がいても特に問題はありません。

そもそも住んでみると気づいたことですが、隣の人と会うことなんてほとんどありません。そんなもんです。気になる方は、面接のときに「ワンルームですか?」と一言聞けば、それですみます。

また寮完備の仕事は中には体力を使うような仕事もあるかもしれません。しかし、これも考えようです。多少体力面で大変な仕事だとしても筋トレが無料でできると考えれば結構がんばれます。

私の場合もやはり若干体力を使う仕事だったのですがおかげで体ががっちりして今は満足してます。かえって病院にいくようなこともほとんどなく、健康になったと感じてます。

さてこういったさてこういった寮完備の仕事ですがメリットをまとめると次のようなことです。

所持金0 家無し|寮完備・住み込みのメリット

所持金0家無しを表す画像

さて、寮完備・住み込み仕事のメリットです。

メリット

・Wi-Fi付きの寮である
・食事つきでしかも食費が無料のとこもある
・基本的に寮は職場の近くなので通勤が楽
・困ったときに頼れる人が身近にいる
・下手なアパートよりも冷暖房完備で快適♪

普通に働くだけじゃお金ってたまりません。

住むところにも困らず、今、お金に困っているんであれば「祝い金がある」ような仕事を探せば、さらに安心して仕事も暮らしも過ごしていけます。

次はあなたの番です。


>>そんな簡単に見つかるはずない、と思っていた私が簡単に見つけられたのがこちら・・・

私がリゾートバイトを簡単に見つけたのがこちら

\好条件を見つけたらとにかくすぐ申し込みはすませましょう/

【わたしは工場などで落ち着いて働きたい】
そんなかたは、こちら 

=> 100件以上の工場求人を掲載中!【仕事めぐみ.com】

所持金0、家なしでも生き延びる方法:Q&Aで徹底解説!

世の中には、突然すべてを失ってしまう人々がいます。

所持金0、家なしの生活に陥ってしまっても、それに負けずに生き延びる方法は存在します。

今回は、そんな状況に陥った人々に向けて、生活を維持するためのヒントやアイデアをご紹介します。

こんな人におすすめ!!!

ポイント

1. 無職で、生活費がなくて困っている人
2. 突然の災害や事故で家を失ってしまった人
3. 所持金が0円になってしまった人
4. 経済的に苦しい状況に置かれている人
5. もしもの時の備えをしたい人

【Q1】所持金0円 どうする?

  1. 緊急課題の特定:
    最初に、即座に支払う必要がある費用(家賃、食費、医療費など)をリストアップします。
  2. 家庭内リソースの確認:
    他の家族が一時的にサポートできるかどうかを確認します。
  3. 友達・親戚に相談:
    まずは身近な人に状況を説明して、短期間の援助を求めてみることも一つの方法です。
  4. 補助金・支援制度の利用:
    緊急の生活支援や生活困窮者一時支援金など、利用できる公的な支援を探します。
  5. 売れるものを売る:
    不用品をオンラインで売るなどして、一時的な資金を作ります。
  6. 臨時の仕事を探す:
    短期間でできるアルバイトやフリーランスの仕事を探してみます。ただし、安易な借金は避けるようにしましょう。
  7. 債務整理の検討:
    これが継続するようであれば、専門家に相談して債務整理の方法を考えます。

状況によっては、いくつかの方法を組み合わせることで何とか乗り切ることもあります。何はともあれ、あきらめずにアクションを起こしましょう。

【Q2】学生 金ない どうする?

  1. 優先順位の設定:
    まずはどの出費が急募かを評価しましょう。教科書?生活費?それとも交通費?
  2. 親や保護者と相談:
    一時的な支援をお願いできるか確認します。状況を正直に話すことが重要です。
  3. 学校の支援制度を調査:
    学校には奨学金や教育支援金などの制度がある場合があります。早めに相談しましょう。
  4. アルバイトの検討:
    学業と両立可能な範囲で、アルバイトを探します。ただし、学業に差し支えないように時間管理が必要です。
  5. オンラインワーク:
    スキルに応じて、在宅でできる仕事も検討します。これは時間の融通が利く場合が多いです。
  6. 友達・同級生とシェア:
    教科書や食費を共有するなど、コストを削減できる方法を友達や同級生と一緒に考えます。
  7. 生活費の節約:
    いらない定期購読を解除する、食費を計画的に使うなど、可能な節約策を全て行います。
  8. 短期間の貸付サービスの検討:
    絶対に必要な場合は、低利の短期間の貸付サービスもありますが、利用する際は返済計画をしっかりと立てましょう。

学生でお金がないというのは厳しい状況ですが、様々な選択肢とサポートがあります。ひとつひとつ解決策を試し、乗り越えましょう。

【Q3】現金足りない どうする?

  1. 現状の確認:
    具体的にどれだけお金が足りないのか、何に使う必要があるのかを明確にします。
  2. 短期の資金調達:
    キャッシングやクレジットカードの利用を検討する場合もありますが、返済計画を必ず立てましょう。
  3. 電子マネーやカードの活用:
    現金が足りない場面で、デビットカードやクレジットカード、電子マネーが使えるか確認します。
  4. 個人間の貸借:
    緊急の場合、信頼できる人から借りる選択肢もあります。しかし、いつ、どのように返すかの計画を明確に伝えることが大切です。
  5. 不要なものを売る:
    速やかに現金を得るために、手元にある不要なアイテムを売却する方法も考えます。
  6. 公的な支援を探る:
    生活保護やその他の支援制度が適用されるかも確認します。
  7. 節約と削減:
    非必要な支出を削減し、食費や交通費などで可能な限り節約します。
  8. 延長や分割払いの交渉:
    支払いが必要な場合は、支払いを延長するか分割払いにする交渉をすることもあります。
  9. 専門家の相談:
    何をしても足りないと感じたら、財務のプロフェッショナルや相談機関に相談をします。

現金が足りない状況はパニックになりやすいですが、冷静に最適な選択肢を選び、一歩ずつ進んでください。

【Q4】大学生が1ヶ月に使うお金はいくらですか?

大学生が1ヶ月に使う金額は、個々のライフスタイルや住む場所、家庭の経済状況などによって大きく異なります。しかし、大まかなアイデアとしては以下のようなものが考えられます:

  1. 家賃・住居費:
    大学生用のアパートや寮の場合、一般的には3万円~10万円程度。
  2. 食費:
    節約型から豪華な食生活までさまざまですが、一般的には2万円~5万円程度。
  3. 交通費:
    通学用の定期券、その他の移動費用を含めて、月に1万円~2万円程度。
  4. 教育費:
    教科書、参考書、コピー代など、約1万円程度が一般的。
  5. 娯楽・交際費:
    遊びや飲み会、趣味などで使う金額は、人それぞれですが、月に1万円~3万円程度。
  6. その他の費用:
    携帯電話料金、インターネット料金、美容・衛生用品など、これも人によって異なりますが、大体1万円~3万円程度。

合計すると、大体月に10万円~30万円程度が一般的な範囲とされています。ただし、これはあくまで一例であり、個々の状況によってはこれよりも多かったり少なかったりします。注意して計画を立てて、生活費を管理しましょう。

【Q5】闇金払わなかったらどうなる?

重要な注意点として、闇金に関わることは非常に危険であり、違法です。払わなかった場合のリスクは以下の通り:

  1. 嫌がらせ・脅迫:
    闇金業者は非合法な手段で借金を回収しようとします。嫌がらせや脅迫がある可能性が高いです。
  2. 利子の暴騰:
    闇金は法外な利子を設定しているため、返済しないと借金がさらに増加します。
  3. 法的なトラブル:
    闇金業者自体が非合法な活動をしているため、関わっていると自分自身も法的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
  4. 身の安全が脅かされる:
    最悪のケースでは、身の安全が脅かされる可能性もあります。
  5. 社会的信用の喪失:
    借金の内容が第三者に漏れると、社会的信用を大きく失う可能性があります。

対処法:

  1. 専門家の相談:
    財務や法務の専門家にすぐに相談します。
  2. 警察への相談:
    脅迫や暴力がある場合、すぐに警察に相談するべきです。
  3. 公的機関の利用:
    金融庁や地方自治体が提供する無料または低価格の相談窓口を利用することも重要です。

闇金に関わることは、何があっても避けるべきです。公的な支援や合法的な貸金業者、専門家の相談を利用してください。

【Q6】奨学金みんないくら借りてる?

奨学金に関する借り入れ額は個々の状況、学校の学費、生活費、そしてその他の経済的要因によって大きく変わるので、一概には言えません。ただし、以下のポイントが参考になるでしょう。

  1. 学費の規模:
    高額な私立大学や海外の大学に通う場合は、当然ながら必要な奨学金の額も大きくなる。
  2. 生活費:
    一人暮らしや地方から都市部に出てくる場合など、生活費によっても借りる額は変わります。
  3. 返済条件:
    無利子か有利子か、返済期間はどれくらいかも考慮するべきポイントです。
  4. 親の経済状況:
    家庭の経済状況によって、奨学金の額を調整することもあります。
  5. 補助金や助成金:
    奨学金とは別に補助金や助成金を受けることができれば、借りる奨学金の額も減らせる可能性があります。
  6. 平均的な額:
    公式な統計によると、日本での奨学金の平均借入額は数百万円から数千万円にも及ぶ場合があります。ただし、これは非常に大まかな数値です。

奨学金を借りる際は、将来の返済計画をしっかりと考え、必要最低限の額しか借りないようにしましょう。そして、可能であれば専門家に相談することもおすすめです。

【Q7】本当にお金に困ったらどうする?

お金に困った状況は非常に厳しいものがありますが、焦らず以下のステップに沿って対処する方法を考えてみましょう。

  1. 緊急の費用確保: 身の回りの物を売る、友達や家族に借りるなど、すぐに手に入る小額の資金を確保します。
  2. 支出の見直し: 現状の支出をリストアップして、削れるものがないか確認します。食費、交際費、娯楽費など、一時的にでも削れるものは削ります。
  3. 公的支援を調査: 補助金や生活保護、緊急小口資金など、公的な支援制度を活用できないか調査します。
  4. 専門家の相談: 状況が改善しない場合、財務の専門家や社会福祉士に相談します。無料で相談できる窓口も多いです。
  5. 信用機関からの借入: 銀行などの信用機関から借りることを検討しますが、これは最後の手段と考えましょう。
  6. 合法的な貸金業者: 緊急の場合、合法的な貸金業者を利用することも考えられますが、高い利子がつく場合もありますので注意が必要です。
  7. ネットワークを活用: 自分のスキルや知識を活かして、短期間でお金を得られる方法(例: フリーランスの仕事)も探してみましょう。
  8. 長期的な計画も視野に: 短期的な対策だけでなく、長期的な財務計画を考えることも大切です。

とにかく、状況が悪化する前に早めに対策を講じ、必要なら専門家の助言を求めましょう。そして、絶対に闇金など非合法な手段には手を出さないようにしてください。

【Q8】どうしてもお金借りれない時?

お金を借りられない状況は特に厳しいですが、以下のような対処方法が考えられます。

  1. 資産の売却: 手元にある貴重品、家電、車などを売って即金を得られる場合があります。
  2. 手続きの見直し: 既に何度か借りようとして断られた場合、何が原因で断られたのかを理解し、改善点があれば修正します。
  3. スキルやサービスを売る: 自分が何か得意なことや、他人に提供できるサービスがあれば、それを売って収益を得られる可能性があります。
  4. 公的支援: 生活保護、緊急小口資金、福祉関連の補助金など、公的な支援を受けられないか調べてみます。
  5. 地域・コミュニティの支援: 地域や宗教団体、NPOなども時には支援を行っています。相談してみる価値があります。
  6. ギグエコノミー: 短期的な仕事を見つけることで、少なくとも生計を立てられる場合があります。
  7. 交渉と調整: 既存の借金や固定費に対して、一時的な減額や猶予を交渉することも一つの方法です。
  8. 非営利の財務相談: 非営利団体が運営する無料や低価格の財務相談サービスを利用して、専門的なアドバイスを求めます。
  9. ボランティアや寄付: 絶対的な最後の手段として、オンラインでのクラウドファンディングや、友達・知人からの寄付を考えることもあります。
  10. 未来への計画: 今回の経験を教訓に、将来的に同じ状況に陥らないように、財務計画をしっかりと立てるようにします。

どの方法も一長一短がありますが、いずれにしても早めの行動が重要です。公的な支援や専門家の相談も積極的に利用しましょう。そして、非合法な手段には絶対に手を出さないように注意してください。

【Q9】現金 どれくらい持っておくべき?

現金をどれくらい持っておくべきかは、個々のライフスタイルや緊急時のニーズに依存します。ただ、一般的なガイドラインとして以下のポイントを考慮するといいでしょう。

  1. 緊急時の資金: 最低でも1週間分の生活費は現金で手元に持っておくと安心です。災害などでATMが使えなくなる可能性も考慮に入れます。
  2. 日常生活: 日常的に現金が必要な場合(公共交通機関、小規模な店などでカードが使えない場合)も、その分を考慮して持っておきます。
  3. 旅行や出張: 旅行や出張で出先で現金が必要な場合、少なくとも数日分の費用は持って行くようにします。
  4. 特別なイベント: 結婚式や葬式など、急に現金が必要な場合もありますので、少し余裕を持っておくと良いでしょう。
  5. 安全対策: 大量の現金を持ち歩くのはリスクがあります。安全な場所に保管すること、または分散して持つことを考えます。
  6. 現金以外の手段: クレジットカードやデビットカード、電子マネーなども活用して、常にすべての負担を現金で賄わなくても良いようにします。
  7. 個人の状況: 財務状況や生活スタイルに応じて、以上のポイントを調整することがあります。

一般的には、緊急時に備えて少なくとも1~2週間分の生活費を現金で持っておくことが推奨されます。ただし、これはあくまで一例であり、個々の状況により適切な額は変わる可能性があります。注意が必要です。

【Q10】みんなどれくらい借金してるの?

借金の状況は人それぞれ異なり、一概に「みんな」と言ってもその額は大きくバラつきます。ただ、いくつかの一般的なポイントを挙げてみましょう。

  1. 学生ローン: 若い世代では学生ローンが一般的な借金の一つです。額は学校やコースによりますが、数百万円から数千万円までと幅が広い。
  2. 住宅ローン: 結婚や家を持つ際には住宅ローンが主な借金となる場合が多い。これも多くの場合は数千万円単位です。
  3. カードローンや消費者金融: 緊急の支出や生活費に困った場合に利用されることが多い。比較的小額でも高い利率がつく場合が多い。
  4. 車ローン: 車を持つためのローンもあります。これは数百万円程度が一般的です。
  5. 医療費や治療費: 突然の病気やケガで医療費がかさむこともあります。
  6. 事業資金: 自営業や起業する際には事業資金として借り入れる場合があります。これも額は大きく異なります。
  7. その他の借金: 親や友人からの借金、または特定の目的(例:結婚、旅行など)での借金も考えられます。

借金を持つこと自体は必ずしも悪いわけではありませんが、管理ができなくなると大きな問題になります。だから、借金がある場合はしっかりと返済計画を立て、できるだけ早く返済するように心がけましょう。また、他人と比較するよりも、自分自身の財務状況をしっかりと把握することが大切です。

【Q11】働けない人がもらえるお金はありますか?

働けない状況にある人にも、いくつかの支援制度や収入源が存在します。以下に主なものを挙げます。

  1. 生活保護: 一定の基準に当てはまる場合、生活保護を受けられます。この制度は、基本的な生活費や医療費、住居費などを補填します。
  2. 障害者手当: 障害を持つ人は、障害者手当や障害年金などの制度を利用できる場合があります。
  3. 年金: 一定の年齢に達したり、一定期間働いた経験がある場合、年金を受け取ることができます。
  4. 雇用保険: 一定期間働いていたが失業した場合、雇用保険による給付が受けられる場合があります。
  5. 緊急小口資金: 一時的に困窮した人向けに、自治体が提供する緊急の小口資金制度もあります。
  6. 子ども手当: 子どもを持つ親が働けない場合、子ども手当などの補助が受けられる場合があります。
  7. その他の補助金: 疾患やケガ、災害など特定の条件下で支給される補助金や助成金も存在します。
  8. 民間の支援: NPOや信託など、民間からの金銭的支援や奨学金、寄付も一考の余地あり。
  9. オンラインワーク: 身体的な制約があるが在宅でできる仕事があれば、インターネットを活用した仕事も一つの選択肢です。
  10. 家族や友人からの支援: 最後の手段として、身内や親しい人からの金銭的支援も考えられます。

各制度や手段にはそれぞれ条件や制限がありますので、詳しくはそれぞれの制度の専門家や窓口で確認することが重要です。そして、これらはあくまで一時的な支援であることが多いので、長期的な安定した収入源を見つけることが理想です。

【Q12】30歳までにいくら貯金しておけばいいですか?

30歳までにいくら貯金するべきかは、多くの要素―個々の生活スタイル、キャリアプラン、家庭状況、など―に依存します。ただ、いくつか一般的なガイドラインを考えてみましょう。

  1. 緊急費用: まず、緊急時に使える貯金が必要です。目安としては、生活費の3〜6ヶ月分を貯金することが一般的です。
  2. 生活設計: 30歳で何をしたいのか(例えば、結婚、子供、家を買う、起業するなど)によって、必要な貯金額が大きく変わるでしょう。
  3. 投資: 貯金だけではなく、将来の資産形成のために投資も考慮に入れます。リスクを避けつつ、効率的な資産形成を考えます。
  4. 借金返済: 学生ローンやクレジットカードの借金があれば、その返済計画も立て、必要な貯金を考慮に入れます。
  5. 年齢に応じた目標: 一般的には、20代後半で年収の半分くらいは貯められると良いとされていますが、これも個々の状況による。
  6. リタイアメントプラン: 早めに老後資金についても考え、それに見合った貯金・投資計画を立てることも重要です。
  7. 柔軟性: もし目標に届かなくても、それが「失敗」ではありません。30歳までに達成できなかった目標は、その後でも達成できる余地があります。

短い答えとしては、「一概に言えない」ですが、最低限緊急費用の3〜6ヶ月分は確保しておきたいところです。そして、自分自身の状況と目標に合わせて、その他の貯金額を決定すると良いでしょう。自分のライフプランに合わせて計画を立て、それに基づいて貯金をしていくのが最も理想的です。


>>今、とにかくお金がないならこれ

家とお金がすぐ手に入る仕事

\時は金なり。今すぐ行動が一番です/

【わたしは工場などで落ち着いて働きたい】
そんなかたは、こちら 

=> 100件以上の工場求人を掲載中!【仕事めぐみ.com】

-即金, 寮あり, 祝金あり